Edit product

永住外国人生活保護訴訟・最高裁判決(田中宏+村田悠輔+奥貫妃文)

¥900
0 ratings

【永住外国人生活保護訴訟・最高裁判決】 (賃金と社会保障1622号=2014年 11月下旬号)                   

*最高裁判決がJapanese onlyでは、国連・安保常任理入りは無理?(田中宏)

*外国人に対する生活保護に関する基礎知識と関連判例(村田悠輔)

*大分市外国人生活保護訴訟最高裁判決の検証(奥貫妃文)

◆資料

○外国人の生活保護訴訟に関する最高裁判決についての意見書・福岡及び京都の生存権裁判最高裁判決についての声明(生活保護問題対策全国会議)

◆社会保障・社会福祉判例

・大分外国人生活保護訴訟 最高裁判所判決(平26・7・18)永住者の在留資格を有する外国人である原告が生活保護申請却下決定の取消しを求めた訴訟の上告審。最高裁は、生活保護法の対象は日本国民であり、外国人は事実上の保護の対象となりうるにとどまり、現行生活保護法の下では法による保護を受ける権利を有しないとして、高裁判決のうち被告敗訴部分を破棄して原告の請求を棄却した。

・神奈川外国人生活保護住民訴訟 一審:横浜地方裁判所判決(平22・10・27) ・二審:東京高等裁判所判決(平23・3・24)

・老齢加算京都訴訟 最高裁判所判決(平26・10・6)・一審:京都地方裁判所判決(平21・12・14)〈抜粋〉

購入者の個人使用をお願いします。無断複写・転載はお断りします。

¥900

永住外国人生活保護訴訟・最高裁判決(田中宏+村田悠輔+奥貫妃文)

【永住外国人生活保護訴訟・最高裁判決】 (賃金と社会保障1622号=2014年 11月下旬号)                   

*最高裁判決がJapanese onlyでは、国連・安保常任理入りは無理?(田中宏)

*外国人に対する生活保護に関する基礎知識と関連判例(村田悠輔)

*大分市外国人生活保護訴訟最高裁判決の検証(奥貫妃文)

◆資料

○外国人の生活保護訴訟に関する最高裁判決についての意見書・福岡及び京都の生存権裁判最高裁判決についての声明(生活保護問題対策全国会議)

◆社会保障・社会福祉判例

・大分外国人生活保護訴訟 最高裁判所判決(平26・7・18)永住者の在留資格を有する外国人である原告が生活保護申請却下決定の取消しを求めた訴訟の上告審。最高裁は、生活保護法の対象は日本国民であり、外国人は事実上の保護の対象となりうるにとどまり、現行生活保護法の下では法による保護を受ける権利を有しないとして、高裁判決のうち被告敗訴部分を破棄して原告の請求を棄却した。

・神奈川外国人生活保護住民訴訟 一審:横浜地方裁判所判決(平22・10・27) ・二審:東京高等裁判所判決(平23・3・24)

・老齢加算京都訴訟 最高裁判所判決(平26・10・6)・一審:京都地方裁判所判決(平21・12・14)〈抜粋〉

購入者の個人使用をお願いします。無断複写・転載はお断りします。

  • Size
    5.94 MB
  • Length
    51 pages
  • Size5.94 MB
  • Length51 pages
Powered by

Checkout

永住外国人生活保護訴訟・最高裁判決(田中宏+村田悠輔+奥貫妃文)

Enter your info to complete your purchase

Give as a gift

Card

or pay with
pp paypal
You'll be charged US$9.